«  2016年10月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2016年10月27日

先週末、金曜日午後休診にして、母親の実家がある滋賀県の大津市へ行ってきました。
今回は久しぶりに車での訪問です。
昼出だったので、渋滞にはつかまらず、スイスイと6時間弱で到着しました。
従姉妹の家に行きお土産を車から出し、宿泊先のホテルへ行き、あとで大津市内で、仕事後に電車で来る嫁さんも合流して食事をするものだと思っていたら、「祇園いくで」「すぐ出発や」ということで、ホテルのフロントに荷物を預けてタクシーへ。
大津と祇園は案外近いんです。
二駅先が京都です。
祇園のどこに行くのかと思っていたら、なんと置屋なんです。
ここは舞妓さん3人と芸妓さん2人を抱えているそうで、お座敷の合間に舞妓さんを呼んでくれるとの事でした。
実は従姉妹のご主人が、この置屋の女将さんと旧知の仲で、置屋の中の内飲み場に舞妓さんを呼んで飲むという素敵な場を設けてくれたのです。
何度か舞妓さんは見た事はありますが、真横に座り、色々喋ったのは初めてです。
中々サバサバした可愛らしい娘でした。
置屋さんと7年契約で、15の時からこの置屋で暮らしているそうです。

盛りあがっていると、嫁さんが京都駅に到着したとの連絡があり、タクシーの運転手さんに道の指示を舞妓さん直々にしてもらいました。
指示した場所に嫁さんが到着した時は、私と舞妓さん2人で迎えに行きました。
祇園のメイン通りを舞妓さん連れて歩くのは非常に注目を集めます。
ある意味、ちょっと優越感に浸れます^ ^

1時間半程この置屋で舞妓さんと過ごした後ははす向かいの日本料理店で遅めの夕食をご馳走になり、大津へ戻りました。

貴重な経験が出来、とても楽しい時間がすごせました。
従姉妹夫婦に感謝です^ ^

2016年10月19日

今週末は久しぶりに母親の実家がある滋賀県の石山へ行ってきます。
紫式部が源氏物語を書いた石山寺で有名な所です。

親戚が数軒あり、従兄弟たちも何人も暮らしています。
私は幼少の頃喘息が酷く、毎年夏休みになると、この自然豊かな石山にひと月近く滞在していました。

だから従兄弟たちとも仲が良く、今回も従兄弟たちの家で飲む予定です。
もう50年程前なので、石山も大分変化が見られます。
以前のメイン通りは現在は使われておらず、立派な道路が整備され、京都からも近いのでベッドタウン化しています。

目の前が琵琶湖から続く瀬田川で、河原で水遊びしたり釣りしたり、叔父と和舟を漕いだりと良く遊びました。
松茸狩りも、カブト虫やクワガタ取りにも良く行きました。
懐かしいですね^ ^

2016年10月14日

今月頭に子猫を2匹保護しました。

ノラちゃん達を家に出入りさせてご飯をあげてる家が近所にあります。
避妊や去勢はしないので、子猫が次々と産まれてしまいます。

2年前にもここから1匹保護して我が家に迎え入れました。
今回の2匹はいわゆる猫風邪の状態が悪く、食べてるという割には痩せていたので、病院へ直行して治療、ノミの駆除、駆虫、感染症有無の検査等で入院です。
猫エイズや猫白血病が陰性だったので一安心。
我が家には猫白血病陽性のがいるので、今回の2匹は里子に出す事にしました。

10日程入院後、家に連れて帰り、他の猫達に接触しないように通常は私の剣道具で溢れている玄関脇の和室にケージを置き、暫くはここでの生活になります。
他の猫達も気になり、中に入りたそうにしているので、私達の出入りも気をつかいます。
食欲も旺盛で、保護前とは見違える程ぷっくりしてきました。
2匹仲良く元気に遊んでいます。
時々ケージから出して、和室内に放していますが、あまり一緒に遊んでいると里子に出す時に辛い?んで控えめに^ ^

2016年10月 5日

今年も毎年恒例の和歌山、高野山の松茸を頂きました。

地元の販売者から直接仕入れるので、格安に入手できます。
デパートで買う価格の三分の一から四分の一くらいでしょうか?
しかも高野山の松茸は、非常に香りが強いんです。

何年か前に色々な産地の松茸を食べ比べた時に、一番印象に残ったのが高野山のでした。

子供の頃は母親の実家の近くで松茸が採れたので、松茸を食べる機会が多く、その香りも大好きになりました。

家では主に、松茸フライ、焼き松茸、松茸ご飯と松茸汁です。
松茸のお吸い物や土瓶蒸しではないのです。
具はふんだんに使う松茸だけです。
汁にとろみがでるくらいです。
贅沢ですが、素晴らしい味と香りが楽しめます。
松茸ご飯も具は松茸だけです。
父親も大好きなので、毎年パックに小分けして持っていきます。

来週は今年2回目の、そして今年最後の注文をするつもりです^ ^

« 2016年9月 | メイン | 2016年11月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タロー歯科 院長 長澤太郎

タロー歯科 院長 長澤太郎
http://www.tarodent.jp/

【役職歴】
社団法人 向島歯科医師会 理事
墨田区介護認定審査会 委員
墨田区健康白書改訂委員会副委員長等を兼任
現在は 向島学校歯科医会 専務理事
墨田区立第三吾嬬小学校 歯科校医

【経歴】
1978年4月 岐阜歯科大学入学
1984年3月 岐阜歯科大学卒業
1984年5月 浜松市 大庭歯科クリニック勤務
1985年4月 銀座 大山歯科医院勤務
1986年1月 大越歯科クリニック柏分院で分院長として勤務
1987年10月 現在地にて、タロー歯科を開業 現在に至る

2000年2月~2002年6月まで、介護福祉専門誌「おたっしゃ倶楽部」に歯科関連のコラムを執筆・連載