«  2021年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2021年1月13日

年が明け、診療が再開して1週間ちょっと。
相変わらずコロナが猛威をふるっています。
緊急事態宣言も再び発言され、診療後にちょっと食事へ、とかも出来なくなってしまいました。
不便ですが、飲食店経営者さん達は厳しい常態を乗り切るのに必死でしょうね。
我々も受診控えで大変ですが、耐えるしかありません。

年末に院の出入口のトビラの修理をしました。
長期間の使用で、ドアのヒンジが歪み、開閉時に引っかかって強い力が必要でした。
ドアを替えるしかないかな?と思っていましたが、他のドアの修理に呼んだ業者さんに見てもらったら、ドアを替えないで、当たってるところを削ろうとなりました。

ほんの15分あまり。
見事に問題解決!
ドア交換が必要だと言っていた業者は何だったんだろ。

誰かがきても分かるように、ドアに鈴とかカウベルを付けていて、ドアの開閉で鳴っていたんですが、今度はあまりにスムーズに開閉するので、カウベルが鳴りません。
色々考えて、チャイムを設置するかな?と思っていた時、ふと、ピレネーの風鈴を思い出しました。

今から20年以上前にフランスに行った時に購入したものが、たしか残っていたはず。
ピレネー山脈の麓にある協同組合で生産されている風鈴で、フランスらしい綺麗な紙を貼ったプラスチックの筒の内側に何本ものピアノ線を配置して、それを振り子が鳴らすという風鈴なんです。
カルカッソンヌという城塞都市にある土産物屋で見つけました。
なんとも言えない幻想的な音色に癒されます。

え!と、驚くほど高かったんですが、初めて見たもので、とても気に入ったので、友人らの土産とも合わせて5〜6個買ったはずです。

通常、値引き交渉して、まかるんですが、この風鈴は協同組合での規約?で、一切まけられないと言われました。

カルカッソンヌでも一ヶ所でしか売っていなかったんですが、その後何度も行きましたが、風鈴は見かけませんでした。

貴重な1つです^ ^

2020年12月28日

波乱に満ちた2020年も間もなく終わろうとしています。

私の院でも色々ありました。
新年4日からは新しい体制でスタートします。

剣道の稽古がほとんど出来ずに、筋力がだいぶ落ちました。
脚なんかふた回りくらい細くなりました、、、
もとに戻すのは大変でしょうが、頑張るしかありません。
筋トレをすれば良いのでしょうが、どうも苦手なんです。

30年モノの車、ギャランに手を入れて調子良くなったので、何処かに行こうか?迷っています。
学生の頃は当てもなくあちこちへ走りに行っていたのが懐かしいです。

年内は明日の午前中までです。
新年は4日から通常通りの診療となります。

本年もお世話になりました。
来年も宜しくお願いします^ ^

2020年12月25日

もうあと数日で今年も終わりですね。
忘年会も無く、クリスマスの雰囲気も無く、通常と変わらない日常です。
コロナのせいでほとんど出かけられず、ましてや海外なでもっての外。
変化のない日常で、日にちが経つのが早かったです。

そんな中、子猫3匹には癒されました。
晩酌時、テレビを見ない私にとって、ニャンコらとじゃれながら過ごすのは最高に楽しいんです。
テーブルや膝の上で寝たり、おもちゃを持って来て遊べ!とか。
ニャンコら同士で追いかけっこしたり、、、

もうすぐ5ヶ月なんですが、まだまだ子猫。
とてもやんちゃなんです。

11月からの第3波前に我が家にやってきて、自粛生活を楽しいものに変えてくれました。

ニャンコと一緒に頑張るぞー^ ^

2020年12月18日

12月もいよいよ終盤に入ります。
やっと寒くなってきましたが、まだまだ暖かい方だと感じます。

従業員の入れ替えの谷間のこのタイミングは、1人で全てこなしています。
待合室で患者さんが重ならないように、基本的に1時間に1人の予約なんですが、結局間に急患が入ります。
なかなかスマホを見る時間も取れません。
今も電話で詰め物が取れたと連絡があり、すぐに来てもらうようになりました。

器具の上げ下げ、洗い物、掃除や洗濯まで。
暇はありません。

でも、何故か充実しています。
暇なのは辛いですよね^ ^

2020年12月 7日

今週いっぱいで衛生士が退職します。
開業翌年から勤務となり、間、何年か転居とかで開きましたが、再度勤務してからはずっと。足掛け30年以上になります。

もう1人病気療養中の助手もやはり30年以上となります。
現在のところ週に数時間ほど手伝ってくれています。

コロナ、第3波になってから暇になりました。
受診控えが大きいみたいです。

ま、自分1人でも余裕を持って診られる人数なので、年内は1人で。
新年4日からは経験者がパートで入ってくれます。
衛生士は常勤ではなく、派遣でパートを募集するか思案中です。

2020年11月25日

嫁さんが、「糖質カット炊飯器」なるものを買いました。

中国のツェンミという家電メーカーが、クラウドファンディングで開発資金を集めて完成させたもので、普通に白飯を炊くと、41%の糖質が排除されるものです。

私は緩く、嫁さんはかなりシビアに糖質制限しているので、これで美味しかったら見っけものです。

仕組みとしては、米を炊いていく途中で最初の水を排出して、新しい水を入れて炊き上げるそうです。

旨味や香りが無くなってしまうのか?

実際に食べてみると、たしかに味がさっぱりと感じ、甘みが抑えられていて、コーヒーならばアメリカンという感じです。

でも、充分食べられます。
シビアに米の味を味わうのではなく、濃いめの味のおかずに合わせて食べるのなら、全く問題ないと思います。

我が家では、炊飯器は松茸ご飯を炊く時と、正月に親族が集まる時以外は物置にしまいっぱなしなんですが、今回の炊飯器はキッチンのカウンターの上に鎮座しています^ ^

2020年11月17日

フェイスブックにも投稿しましたが、、、

玄関先の千両がたくさん実をつけ、色鮮やかになってきました。
もうすぐ正月ですね。

喪中なので、兄弟家族と穏やかに過ごせたらと思います。
7月に亡くなった親父の生まれ年のワインを弟と飲もうかなぁと思います。

玄関先には松と椿が植わっています。
この2本の木は私が産まれる前から我が家にあります。
松は1度枯れかけましたが、復活して元気になりました。
まだまだ長生きしますね。

ただ、息子、娘はこの家には住まないだろうから、この先はどうなるか心配です。
60年以上一緒に育ってきたんですから。
一緒に長生きしないと^ ^

2020年11月11日

福井県に行ってきました。
今庄市のオートパーク今庄というサーキットでの、4時間耐久レースに参加してきました。

敦賀市の少し先、距離は家からだと500キロちょっと。
最近では長距離は新幹線を利用し、レンタカーを借りる事がほとんどなので久しぶりの長距離運転です。

東名、名神で米原から北陸道なんですが、行きは東名が大渋滞で、中央高速経由になってしまいました。
中央経由の方が距離がだいぶ長くなると思われがちですが、実は大差は無いんです。
岐阜にいた時もちょくちょく中央高速を利用していました。

今から30年ちょっと前には、仕事が終わってから群馬まで走って行き、車を乗り換え、諏訪の方を回り今回と同じ今庄に朝着き、そのままラリーを走り、表彰式が終わってから群馬へ直行して車を乗り換え、東京に戻ってきた事がありました。
35時間寝ずに運転してました。
若かったんですね。

今回は正直疲れました。
ホテルに着いての一杯が最高に美味しかったです。

レースの方は順調に進んでましたが、僕の前に走った人がピットレーンでバックを使ってしまい、ペナルティを課せられ、それまでの1位から大きく順位を落としてしまいました。

次戦は来年3月。
優勝目指して頑張ります^ ^

2020年10月27日

3匹の子猫、順調に育っています。
最初にお目にかかってから3週間。
我が家に来てからは2週間が経ちました。
どんどん大きくなっています。

リビングに、直径1.5メートル程の8角形のケージを置き、そこにクッション、爪研ぎ、ご飯、水、トイレを入れてあります。

最初は充分に広いと思っていましたが、流石にやんちゃな盛り、お水やご飯を度々ひっくり返すので、少し手狭なのでしょうか?

昼と夜はリビングに放ち、疲れ果てるまで遊ばせているんですが。

三者三様で、性格も大きさも違います。
ただ、キツイ性格のはいないので、その点は楽です。

今日の昼は、ケージのファスナーを開けて外に出ていたニャンコもいました。

楽しいですね^ ^

2020年10月16日

ヨーロッパで新型コロナの感染が再び爆発的に増えています。
特にフランスは。

久しぶりに来年のゴールデンウィークに行こうかな?と思ってはいるのですが、どうなるのやら。

そもそもフランス人は手洗いをあまりしないんです。
外から帰っても手洗い無し。
食事の前も。
食べていて口の周りに食べ物が付いても、手で拭ってテーブルで拭くかズボンで拭くか?
テーブルには紙のランチョンマットみたいのが一般的には敷かれているので、指は拭えるのですが、、、

私が常にウエットティシュを持ち歩いて、こまめに口や手を拭いているのを不思議な感じで見ています。

公衆トイレも然り。
手を洗っていません。

以前、娘と2人で公衆便所を利用して、手洗いがないからウエットティシュで手を拭いていたら、友人達が???な顔してみてました。

一事が万事こんな調子なんで、感染も広がるんでしょうね。
もちろん全てのフランス人がそうだとは言えませんが、、、

Archives

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タロー歯科 院長 長澤太郎

タロー歯科 院長 長澤太郎
http://www.tarodent.jp/

【役職歴】
社団法人 向島歯科医師会 理事
墨田区介護認定審査会 委員
墨田区健康白書改訂委員会副委員長等を兼任
現在は 向島学校歯科医会 専務理事
墨田区立第三吾嬬小学校 歯科校医

【経歴】
1978年4月 岐阜歯科大学入学
1984年3月 岐阜歯科大学卒業
1984年5月 浜松市 大庭歯科クリニック勤務
1985年4月 銀座 大山歯科医院勤務
1986年1月 大越歯科クリニック柏分院で分院長として勤務
1987年10月 現在地にて、タロー歯科を開業 現在に至る

2000年2月~2002年6月まで、介護福祉専門誌「おたっしゃ倶楽部」に歯科関連のコラムを執筆・連載