«  2022年5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2022年5月10日

一昨日の日曜日、恒例のイベント、ダート4時間耐久レースに参戦してきました。
場所は福井県南越前市のオートパーク今庄です。

今回もメンバーは8人で、それぞれが30分ずつ走ります。

今回、私の順番は3番目でした。

スタートは最高齢、後期高齢者のチームリーダーが勤めて、まずまずの順位で次にバトンタッチ。
さらに順位を上げて私の番へ。

なかなか快適に走れ、かなりの台数抜いて総合1位まで順位を上げました。

さらに気合を入れて走った訳ではないのですが、やってしまいました!
イン側に乗り上げて、転倒です。

38年振り4度目の転倒です、、、

今までのはラリー仕様車だったので、転倒や転落しても乗員を守るために、車内に鉄パイプが組まれていましたが、今回のはノーマルの車なので、そんな物は付いてなく、裏返しになったら車の重みでフロントガラスは潰れて屋根の前部も潰れてしまいました。

避難しようとしましたが、屋根が潰れていて、ドアが開きません!
リアゲートから出るかと思っても、室内からは開けられませんでした。
救助スタッフが来るまでの何分か、もし、この転倒で車両から火が出てたら確実に死んでただろうなぁと思いました。

救助スタッフも来るのが遅すぎで、消火器すら持ってきてません。

手軽に参加出来るレースですが、こういった所はしっかり対策しないと危険ですね。

次戦まで1月ちょい。
次の車には安全面を考えた装備を装着しないと、、、、、

2022年4月28日

我が家のニャンコらの名付け方について。

まず、女子チーム。
最初に双子の女子。
薄めのキジトラにちょい白い混りとはちわれ黒白。
色柄から「あさり」と「しじみ」と名付けました。
これで女子チームは貝類シスターズにしようとなりました。

次に引き取ったのは「ホタテ」、まあこいつは男っぽいので通常は「ポッタ」と呼ばれていますが、、、

で2年前に保護したのは「ツブ」となりました。

男子チームは、、、、、

私は長男で太郎。
ところが、弟が五郎なんです。

で、親父が20年程前に猫を飼った時に付けた名前が二郎!

で、5年ほど前に保護したニャンコをどうしようか悩んでた時に嫁さんが三郎にしようとなり、まだ、乳飲み子だったので元気に育つ様にと「
胡三郎」と名付けました。

で、1年半前に引き取った男子3猫は、これも生後2ヶ月だったので、胡を付け、「胡四郎」で、五郎はいるので「胡六蔵」ころぞう、「胡七介」こなすけ、となりました。

さらに、先日引き取ったのは成猫だったので、胡は付けずに「八右衛門」となりました。

まだまだ名前に余裕はありますが、飼い主の年齢も考えないといけませんね^ ^

2022年4月19日

一昨日の日曜日、超久しぶりに大規模なパーティーがありました。
某先輩の叙勲お祝いです。
さるホテルで200人以上集まっての盛大な会になりました。

この時期、難しい判断ですが、参加者も各自気を引き締めて、飲食時以外の会話はしっかりとマスクをしていました。

久しぶりに会う友人、仲間たちとの飲み!
楽しかったです。

2次会も含め、かなり飲み過ぎて、久しぶりに2日酔い?
昨晩の稽古はお休みしてしまいました。

2022年4月 8日

我が家のニャンコが増えました。

川崎の人工島(扇島)で繁殖した1000匹近い猫達は悪い環境や食糧不足の中、死にゆく猫達も多いんです。
島の出入りは海底トンネルしかなくて、島にある工場関係者以外、入島できません。

1番大きなのはJFEスチール製鉄所になります。
この工場では従業員が猫に餌を与える事を禁止しています。
退職した従業員が猫の保護団体に助けを求めて、猫達の保護が始まりました。
企業にも協力を求め、餌場の設置も始まりましたが、十分な対策がなされているのか定かではありません。

避妊、去勢も済んでいないので、どんどん繁殖も進みます。

雑誌フライデーにこの事が掲載されて広く知られる様になりました。
(川崎 JFE 猫)で検索するとでてきます。

嫁さんもこの事を知り、保護団体から1匹引き取る事になりました。

この島のニャンコらは、黒白柄がとても多いんです。
我が家に来たのもそうです。

まだ、懐いてないので、ケージに入れてて、リビングに置いてあり、他のニャンコや人に慣らしている最中です。

とても味のある顔した可愛いニャンコです。

名前は八右衛門です!
名前の由来は長澤家方式で決めました。
それはまた、別項で^ ^

2022年3月28日

ティグレグループという、中小、零細企業の経営、税務を支援する会員組織があり、およそ30000社が加入しています。

そのグループが会員向けに発行している情報誌の取材を受けました。

小児科医の幼馴染からの紹介です。
前号はその彼がアレルギーについて解説しています。

私に振られたのは歯周病についてです。
私は歯周病の専門医ではないので、専門医を紹介しようとしたのですが、何故か私にとのことでした。

若いころから、自動車雑誌の企画で取材や記事を書いたり、介護保険が始まった時には1年半にわたり介護雑誌に歯科のコラムを連載したりしていましたが、取材というのは初めてでした。

緊張はしませんが、その場で質問に答えるのは少し難しかったかな?

2022年3月14日

昨日、先月に続けて那須どうぶつ王国へ行ってきました。
今回は日帰りです。

お目当てはもちろんレッサーパンダです!
前回ですっかりハマってしまいました。

園滞在の3時間余りの時間。
レッサーパンダの展示館に2時間近く居ました。
飽きないんです、可愛いすぎて。
最終的に4匹全員が寝てしまったので退館しましたが、起きていたらまだいたと思います。

今回は他はニャンコ祭り。
マヌルネコはもちろん、砂ネコが起きていて、可愛い姿をたくさん見せてくれました。
さらに、公開練習中のツシマヤマネコもバッチリご飯時間にあたり、存分に楽しませてもらいました。
これも可愛いです^ ^

もちろん、他の展示も素晴らしいですが、私的にはやはりレッサーパンダとニャンコらですね。

2022年3月 3日

コロナでもう2年以上海外へ行ってません。
当然香港も、、、

香港に行く様になって、本場広東料理の美味しさに惹かれました。
広東料理と言えば香港、中でも福臨門酒家はその最高峰に位置します。
兄弟で事業継承時にもめて、日本の支店は家全七福という名に変わりました。

スープ(上湯)にもの凄いコストをかけます。
スープの味、こく、深み、どれをとってもダントツです。
最近流行りの予約の取れない高級中華店では出せない王道の味です。

この店が(丸ビル36階)先月末に閉店しました。
コロナの影響なんでしょうね。
丸ビルは家賃も高いから維持が大変なんでしょうね。

閉店の何日か前に食事に行ってきました。
香港仲間の同級生夫妻としっかり食べてきました。
ちょっと贅沢してフカヒレも。
これは上湯スープで頂きました。
フカヒレは姿は下品なんです。
ヒレをバラバラにほぐして汚れをきれいにとります。
見た目はスープにもやしを入れてあるかの様です。
細い小さなフカヒレでは出来ません。

やっぱりここの味は別格です。
香港に行けばまだ食べられますが、
オーナーが高齢で、後継ぎがはっきり決まってないみたいです。

海外旅行が解禁になったら直ぐに行きたいですね^ ^

2022年2月25日

今日は学校歯科医、勤続15年の感謝状を頂きました。

本当は区役所で受賞するはずだったのですが、このオミクロン騒動で、学校保健会と表彰式が中止になりました。

自分の担当する学校から受け取って欲しいと連絡がありました。

昨日、校医を務める第三吾嬬小学校の校長先生から連絡があり、明日感謝状を届けに来てもらう事になりました。

本日の午前、当院にて、校長先生より感謝状を受取りました。
また、養護教諭からは綺麗な花束を頂きました。
大好きな薔薇がメインで嬉しかったです^ ^

これからも頑張ります。

2022年2月18日

この前の土日に那須に行ってきました。
蔓延防止が出ていますが、車移動で冬場(那須は冬場は空いてます)なので密にはならないだろうと。

日帰りも可能なんですが、どうせなら一泊しようとなりました。

選んだホテルは、那須いちやホテルです。
一泊二食付きで貸切露天風呂が利用出来、さらに飲み放題が付いて一人二万円に全然届きません。
安いです!
しかも、夕食はしゃぶしゃぶで、凄い量です。
なにより野菜が美味しいんです。
バーニャカウダ、普段は全く食べないんですが、新鮮な野菜で初めての味でした。10種の野菜のバーニャカウダ、最高でした。

6階建の屋上の露天風呂は眺めも良いし、星空も綺麗でした。

とてもお勧めなホテルです。

さて、日曜日。
今回の目的は那須どうぶつ王国へ行く事です。
大好きなマヌルネコとレッサーパンダに会うためです!
ここの展示は色々などうぶつ達を非常に間近て見られるところです。
レッサーパンダなんか手を伸ばせば触れるぐらいのところを動き回っています。

マヌルネコも期待どおりの可愛さ。
でも、やはりレッサーパンダにやられました。
展示されているのは目の前。
ガラスや柵はありません。
めちゃくちゃ可愛いです!
気がつくと2時間、見入っていました。
いやー、欲しいです。
空いてる時期にまた行きたいです。
通うかな^ ^

2022年2月10日

ニャンコ、捕獲出来ました。
プロの猫探し屋さんにお願いしました。
「猫捜索のニャン吉」と言う会社にお世話になりました。

まず最初に今回脱走した四女の「ツブ」について色々聞かれます。
性格とか生い立ちとか。
ツブは3年程前に嫁さんの駐車場で捕獲したニャンコで、既に耳カットされていたので、ボランティアに捕獲され、避妊手術を受け、再放流された猫でした。

当然その時に捕獲機を使っているから、今回は入らないだろうと言われました。
また、私も嫁さんも1度捕まえそこなってるので、用心して近づかないだろうと。
ツブはとても怖がりな臆病なニャンコなんです。

ニャン吉さんはプロですからすぐに作戦を考えます。
家の周りを調べて、ツブが隠れてる空き地を見つけました。
檻式の捕獲機では無く、大きな柵を棒で持ち上げといて、紐で棒を引っ張って取って柵を落とすと言う、めちゃくちゃレトロな方法ですが、そこは現代ですから監視カメラで観察して、遠くから捜索します。

寒い中、猫を警戒させない為か、Gパンに黒のトレーナーと言う出立ちです。
コートとかは着ていません。

3〜4時間かかったでしょうか。
見事にツブを捕獲しました。

ほんとうに良かったです。

やはりプロは違います!
料金も安いと思います。
こういう時にはすがるのが1番でしょうね^ ^

Archives

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タロー歯科 院長 長澤太郎

タロー歯科 院長 長澤太郎
http://www.tarodent.jp/

【役職歴】
社団法人 向島歯科医師会 理事
墨田区介護認定審査会 委員
墨田区健康白書改訂委員会副委員長等を兼任
現在は 向島学校歯科医会 専務理事
墨田区立第三吾嬬小学校 歯科校医

【経歴】
1978年4月 岐阜歯科大学入学
1984年3月 岐阜歯科大学卒業
1984年5月 浜松市 大庭歯科クリニック勤務
1985年4月 銀座 大山歯科医院勤務
1986年1月 大越歯科クリニック柏分院で分院長として勤務
1987年10月 現在地にて、タロー歯科を開業 現在に至る

2000年2月~2002年6月まで、介護福祉専門誌「おたっしゃ倶楽部」に歯科関連のコラムを執筆・連載