«  2020年5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2020年5月25日

デパートが休みだったので、クリーニングに出しに行けませんでした。
1月に行ったきりなので、かなり溜まっています。
普段は通勤用で、毎日同じ様なパターンの服になるので、冬場は似たようなハイネックセーター、夏場は麻のシャツにジーンズというのが標準仕様です。

まあ、かなりの数は持っているだろうなぁ、、と思っていましたが、確かに。

ジーンズもドライ指定なので、クリーニングに出します。

代々付き合いのあった地元のクリーニング屋さんは廃業してしまったので、ちょっと割高ですが、Tデパートの白洋舎に出しています。
ホワイト◯◯便とか、新しいお店も出来ていますが、どうも汚れ落ちも悪く、セーターとかもハンガー仕上げだし、ジーンズの折り目もピシッとしないのです。

今現在、大きな紙袋に2杯溜まっています。
ジーンズ系8本、シャツ、セーター達、かなり溜まってます。

でも、それでもクローゼットにはたくさん服があります。
甥っ子達にかなりあげたんですが、なんの!まだまだあります。

2年くらいクリーニングに出さなくても平気かも知れません^_^

2020年5月22日

コロナ痩せしました。
コロナ太りでは無いんです。
基本、緩いですが、糖質制限しています。
ですからデブらないんですけど、運動をしていないので、筋肉が痩せてくるんです。

昨年6月末の肘のケガから始まり、肩のケガで今年初めまで稽古が出来ませんでした。
やっと出来ると思ったら今度はコロナです。

筋トレをすれば良いんでしょうが、どうも苦手なんです。
なるべく歩く様にはしていますが、その程度では役に立たないんでしょうね。

腿、ふくらはぎ、胸というか、全身です。
完全にひと回り細くなりました。
これではただの痩せたジイさんになってしまいます。
60歳過ぎると、1週間寝込んだら筋力落ちると言われていますが、実感しました。
特に連休明けが酷かったです。
連休、特に出かけず、連日16時間睡眠をしていました。

これから稽古再開に向け、少しは素振りでもしないといけませんね。

2020年5月19日

連休明けから色々バタバタしていました。

連休明けての月曜日未明にスタッフの1人が脳梗塞で倒れたんです。
詳しい容態はまだわかりません。
職場復帰はどうでしょうか?

当院は現在、歯科衛生士1人と助手1人という形で診療をしていますが、今回倒れたのは助手の方です。
開業2年目からいますので、勤続32年になります。
患者さんとも顔馴染みになり、信頼を得ていました。
診療のアシストだけでなく、保険請求や様々な事務管理も任せられる頼りになる存在でした。

ただ、体調管理が出来てなく、糖質を控えるように言っても、健診を受けるように言っても、全く聞く耳持たないので順調に育ち、三桁に王手をかけるほどでしたのでこういう事が起こりうるのでしょう。

現在はコロナの影響で忙しくはないので、歯科衛生士1人でなんとか回せていますが、今後はどうなるでしょうか?

2020年4月30日

世間では大型連休に入っているところも多いのでしょうね。
当院は相変わらずカレンダー通りの診療になります。

連休、盆暮れ正月は基本的に出かけないとはいえ、これだけお店もやっていないと、本当にどこにも行けません。
遠出しなくても、夕食巡りとかはしていましたので。

昨日29日も、ひたすら寝てました。
前の晩、12時まえにベッドに入り、途中、トイレと給水におきましたが、布団から出たのが午後1時過ぎ。
で、歯磨き(朝起きてすぐです)、洗顔、コンタクト装着して階下に降りて、新茶を2杯いただきました。

少し落ち着いてから朝食?昼食?です。
昨日はカレーうどん。
しっかりと頂いた後は、上へ上がり、再びベッドに入り、昼寝です。

ここでも熟睡。
起きたら5時です。
寝られてしまうんです。
自分でも不思議な16時間睡眠です^ ^

2020年4月27日

先週の日曜日、父が救急搬送されました。
週中から不調を訴えていたのですが、日曜日の午後、主治医が往診に来て点滴を打ち、針を抜くまでの間にタール便が出たとの事で、入院して精査した方が良いだろうとなり、主治医が救急隊を呼んで、今迄の状況を説明してくれ、搬送先の病院様に、診療情報提供書も用意してくれました。

救急隊が到着して、一応バイタルサインをチェックします。

その後、受け入れ病院を探します。
ところが、受け入れ病院がぜんぜん見つかりません。
どうも微熱があると言うのが引っかかるみたいです。
2時間過ぎてもまだだめです。
コロナの影響なんですねー。
運び込んでコロナでは、その病院が昨日出来なくてなりかねませんから。

結局は36軒目?
場所は阿佐ヶ谷です。

遠いですが、翌日、緊急手術もしてくれ、おかげで父も今日には通常食を食べています。

早く落ち着いて欲しいですね。

2020年4月20日

相変わらずコロナ関連の話題です。

たまにご飯を食べに行く洋食屋、焼肉屋、居酒屋など、多くの店が休業しています。

当院でも患者さんからの相談も多く、キャンセルもたくさんでました。
メディアでも歯科治療は感染リスクが高いと言われたので、急性症状が無ければ落ち着いてから診療を!という方が多いです。

当院ではユニット(診療台)が3台あるので、患者さんが2人の時は真ん中を使わずに、スペースを確保しています。
待合室、診察室ともに窓を開け、換気には留意しています。

歯が折れた、欠けた、取れたとか、腫れたという緊急性のある患者さんは毎日何人も来院されます。

患者さんの重なる時間帯を作らない様にしながらも院を開けておく必要があると思います^ ^

2020年4月 7日

まもなく緊急事態宣言が出るみたいです。
まぁ、基本的には当院、この近所の人達は通常通りの生活になる見込みです。

ここ最近、院内の消毒には通常より気をつけています。
玄関のドア、待合室の椅子の消毒、トイレのドアノブや排水レバーや水道。
診療ユニットなどは今までも患者さんごとに消毒はしています。
待合室やトイレは以前に比較すると、清掃の回数がかなり増えました。
もちろん換気もしっかりしています。

このくらいしか出来ません。

診療に使う消耗品もますます入手困難になってきました。
マスク、アルコールに続いてグローブも手に入らなくなってきました。
車仲間の歯科医師もグローブの事を危惧していました。
「グローブの在庫が無くなったらどうなるんだろう?」と。
マレーシアやインドネシアで作られてるから、今、まさにその地域は爆発的に流行しているので、日本に届かないんです。

全く見当がつきません。

2020年3月27日

コロナ騒動、凄いことになってきています。
欧米の都市封鎖、日本にいて今の状況で暮らしているとピンときませんが、とても恐ろしい状況ですよね。
日本で、東京でこうなったらどうなるんでしょうか?
多くの商店や事業所が倒産し、多数の自殺者が出ると言われていますね。
ほんとその通りだと思います。

日本では、まだ人口あたりの感染者が少なく、死亡者も少ないです。
医療崩壊を避けるために検査の個体数を少なくしていますが、そもそも死者が少ない。
火葬場も全く通常通りの様です。

このまま抑え込めると良いのですが、、、

剣道の稽古も全く出来ません。
ようやく肩が治り再開した矢先です。
まぁ、しょうがないですね。

2020年3月17日

昨今のコロナ騒動で、色々な品が欠品しています。
筆頭はマスクですが、その他アルコール、トイレットペーパー、ティッシュ、ペーパータオルやディスポザブルグローブ等。

私は常に災害備蓄はしています。
我が家はニャンコが5匹います。
もし、大きな災害が起きて、ライフラインが止まってしまった場合、ペット用の食事やトイレの砂とかは当分手に入らないと思います。
ですから、もし、我が家が潰れたり、燃えずに残ったらニャンコらと当分暮らせるように、キャットフードや猫砂とか備蓄をしっかりしています。
当然、我々の分も然りです。

当院でもそうです。
トイレットペーパーは常に災害備蓄していますが今回はスタッフが在庫を確認していなかったので、箱入りティッシュが無くなったとのことで自宅から持ってきて使用しました。
マスクは1月の時点で不足するのが分かっていたので、その時点で半年分は注文しました。
先手先手で動かないといけないですね^ ^

2020年3月12日

少し前になりますが、先週の日曜日の番にニャンコを保護しました。
半年位前からご飯をもらいにきていました。
冬になる前に保護しようて思ってましたが、家ニャンコの1匹が体調不良で具合悪く、変に刺激を与えないように、また、暖冬だったのもあり、保護が遅れました。
この子は初対面の時から私には撫で撫でさせてくれました。
ですから、保護も至って楽で、そのままひょいと持ち上げケージへ。
全く暴れませんでした。

翌日の朝から病院でひと通り検査と予防接種。
Felvが陽性なニャンコが1匹いるためです。

家では抗体が出来るまで、私が剣道具置き場に使っている和室を片付けて、直径が1.5メートルくらいのケージを広げて、環境を整え、そこにリリースしました。

何度もニャンコを保護していますが、びっくりする程大人しいんです。
水、ご飯はひっくり返すこともなく、トイレの砂もほとんどこぼしません。
今日で10日になりますが、たいへん穏やかで大人しく、性格の素直なニャンコです^_^

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タロー歯科 院長 長澤太郎

タロー歯科 院長 長澤太郎
http://www.tarodent.jp/

【役職歴】
社団法人 向島歯科医師会 理事
墨田区介護認定審査会 委員
墨田区健康白書改訂委員会副委員長等を兼任
現在は 向島学校歯科医会 専務理事
墨田区立第三吾嬬小学校 歯科校医

【経歴】
1978年4月 岐阜歯科大学入学
1984年3月 岐阜歯科大学卒業
1984年5月 浜松市 大庭歯科クリニック勤務
1985年4月 銀座 大山歯科医院勤務
1986年1月 大越歯科クリニック柏分院で分院長として勤務
1987年10月 現在地にて、タロー歯科を開業 現在に至る

2000年2月~2002年6月まで、介護福祉専門誌「おたっしゃ倶楽部」に歯科関連のコラムを執筆・連載