«  2021年4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2021年4月 9日

ご近所さんの藤が綺麗に咲いています。
足利フラワーパークに行きたくなりますね。

ようやく緊急事態宣言が解除されたと思ったらまた、感染者が急増しています。
蔓延防止等重点措置とかいう、よく分からない規制がまた出されようとしていますがどうなんでしょうね。

日本では外出規制とかは法制上出来ないので、こういった曖昧な措置になるのでしょう。

ワクチンに一縷の望みを託しているみたいですが、これとて効果は疑問です。

うちの歯科医師会でも優先接種が始まりましたが、私は受けません。
自身の抵抗力を高めるために、ビタミンをがっつり飲んでいます。
感染してからビタミンDとか飲んでも効果は乏しく、感染予防に飲むのが大切です。

そういえば、先日福井にレースで行った時、岐阜羽島駅までは往復新幹線でした。
車内販売、アルコールを販売してません!
喫煙ルームは3箇所ある灰皿を真ん中の1つだけしか使えません。

夕食を新幹線車内で済ませる予定だったので、駅の売店で、アルコールと弁当を買ってあったので、「えー!」とならずに済みました^ ^

2021年3月31日

福井へ、4時間耐久レースへ参戦してきました。
今回は土曜日が歯科医師会の総会だった為、時間が読めなかったので、現地での前泊ではなくて、岐阜羽島駅前で前泊です。
翌日の早朝に後輩に迎えに来てもらい、もう1人を乗せて福井に向かいます。

岐阜羽島からならすぐ高速に乗れ、1時間半もかからずにサーキットに着くのですが、後からピックアップした人の家が、西濃地区の北の方になるので、国道303号線で山越えしてきました。

沿線には、一時話題になった徳山ダムがあります。
40年前に1度通りましたが、当時はトンネルが無く、くねくねの細い峠道をいくつも超えました。
現在では、山は登らずど真ん中にトンネルが出来ていました。
これは早いですし、楽です。

それでも、途中雪が残って地区があったり、山桜が咲いている山肌を目にしたり、なかなか楽しいドライブでした。

さて、本題のレース。
私はスタートドライバーを務めました。
全体の中盤くらいからスタート。
前の遅い車を抜くのは大変でしたが、まずまず上手く行き、総合2位クラス首位で次のドライバーに交代です。

レースは後半大荒れになり、転倒車続出で、残り20分はセフティカー先導でのゴールとなりました。

結果は総合2位、クラス1位でした。
クラスでは2位に大差をつけ、総合1位とはわずか3秒差でした。

我々のクラスは無改造クラス、改造車相手に大健闘です!
ドライバーは私が一番若くて61歳、最年長は74歳です。
皆さん現役時代は中部地区のラリー界では第1シードドライバーです。
まだまだ若い連中には負けません^ ^

2021年3月26日

桜が満開です。
ゆっくり花見をしたいのですが、時間がとれません。
何年か前は車で近所のお花見スポットを何ヶ所も回って花見をしていました。

毎年規模の大小はあれ、何処かに花見に行っていました。
昨年は自粛、、、

今年はレースで土日と留守にします。
福井の桜はどうなんでしょうか?
日曜日は天気も悪そうですね。

まだまだ自粛はしないといけないですが、静かに花見がしたいです^ ^

2021年3月12日

前回のブログに記した様に、レースのイベントが増えました。
年度末で、来年度の予定を整理していました。

3月末から11月半ばまで、週末は30回ちょい。
そこに、4時間耐久レースが6戦。
デーラリーが2戦。
歯科医師会の休日診療とかで2日。
前回の12時間耐久。
そして何より今年は剣道の昇段審査を受けますので、審査。
一回で受かればいいのですが、稽古不足は深刻ですので。
で、土日の稽古会も何回もあります。

のんびり昼過ぎまで寝て、食事してまた昼寝をする休日の過ごし方が激減します。

しょうがないですよね。
今年はアグレッシブに生きてみます^ ^

2021年3月 2日

もう3月ですね。
この調子であっとゆう間に月日が経つんでしょうね。

今年、我が家では夫婦そろってレース参戦の話題が盛り上がっています。
私の方は11月に出場した4時間耐久レースシリーズに全戦エントリーする事になり、嫁さんもJAFのシリーズ戦にエントリーが決まりました。

そこへ、7月にツインリンクもてぎで開催される12時間耐久レースへの参戦が急遽決まりました。
真夏の昼のレースです。
晴れて風がないと、めちゃくちゃ暑いです。

我々夫婦と所属するチーム、CMSC埼玉のメンバー、息子が加われば8名です。
辛いですが、完走するとその達成感はなかなかのものです。

色々規約があって打ち合わせが大変ですが、それはそれで楽しいです。

体力強化と言って、我が家からすぐ側にあるカートサーキットに行って、毎週嫁さんは走っています。
私も2週続けて走りに行きました。
単調な毎日には良い刺激です^_^

2021年2月22日

昨日の午後、起きて食事をした後に突然発熱しました。
38.3度です。
え?コロナ?と頭の中を過ぎります。
そういえば、3〜4日前に馴染みのレストランに行った時、マスターが咳込んでいて、テイクアウトしたピラフが塩分と胡椒が効きすぎて、食べられなかったから、もしかしてマスター??
でも、ほかには何も症状はありませんでした。

実は私、過去に何度かどっかーんと熱が出て、一晩寝るとスッキリ回復するということがあったのです。

最初は大学時代、40度越えの熱、さすがにしんどかったんですが、同じアパートに住む先輩の彼女があちこちから氷を集めて来てくれて、
一晩付ききりで看護してくれました。
そしてその高熱が翌朝にはスッキリ!でした。

2度目は30代半ば。
サーキットを走って、宿に着いたとたんに怠くなり寒気。
体温計が無かったんですが、たぶん高熱。
皆、風呂に入ったり食事してましたが、ひたすら寝てました。
宴会の終盤に目が覚め、気分もスッキリしていたので、缶チューハイを飲んだけど、大丈夫。
その後もなんともありませんでした。

昨日もすぐにベッドに入り、布団に潜り込みます。
3時間くらいして、大汗をかいたので着替えをしました。
この時点でもだいぶ楽になってきましたが、再度布団に籠ります。
さらに2時間ほど寝たでしょうか。
だいぶ楽になってきたので、パジャマから服に着替えてリビングへ。
熱は37.6度ですが、頭はスッキリです。
夕食時なので、お茶ハイを飲もうと用意しました。
通常ならば氷は入れないのですが、昨日は1杯目は氷を入れました。
口がサッパリします。
2杯目の途中で再度熱を計ると37.3度です。

夕食の途中ではもう、36.3度です。
もうなんでもありません。
なんなんでしょう?

2021年2月19日

当院では、今年からスタッフが代わりました。
新しく入った2人もだいぶ私のスタイルに慣れてきて、スムーズに診療が出来るようになりました。

今までにいた、最古参の助手も、体調と相談しながら、ほぼ毎日、夕方から手伝ってくれています。
新しい2人にも色々教えてくれるので、助かっています。

1月2月は毎年暇で、ましてコロナの影響でだいぶ暇なので、院内の片付けが捗りました。
たぶん20年以上前から放置されていた物、たぶんその内使うだろう?と取ってあった物、当然私の知らない物、物、物をたくさん処分しました。
在庫もあちこちにしまってあり、当然本人達は忘れて追加して購入したのでしょう。

車の競技をしていた時、タイヤや部品置き場として使用していた場所がそのまま、ゴミ置き場と化していたんです。
ですから20年は経っています。
久しぶりに床が見られました^ ^

2021年2月 5日

東北自動車道の上りに羽生パーキングエリアがあります。
上りなんで、宇都宮から東京方面に向かう途中です。
ここは数年前にリニューアルオープンしたのですが、パーキングエリア内の建物が江戸の町をイメージしていて、鬼平江戸処とされているんです。

フードコートも江戸風。
提供される料理も軍鶏鍋五鉄!を始めとしてとても手が凝ってます。

この軍鶏鍋五鉄は人形町の鶏料理店、玉ひでが監修しています。
軍鶏鍋の他にも一本饂飩とか。

鰻専門店も。
忠八というお店。
埼玉の有名な鰻屋の鯉平の提供になります。

たいめいけんの監修で提供される中華そば、弁多津も惹かれます。

神田まつやの監修による本所さなだや。
親子南蛮そばを始めとする蕎麦屋です。

江戸料理研究家、福田氏監修の万七。
人気メニューは味噌豚丼だそうです。

他にも惹かれるお店がたくさんあります。

江戸の街並みに入って行くようです。

早くのんびりと行きたいです^ ^

2021年1月28日

今朝、午前中休診にして、済生会向島病院へ行ってきました。
10年以上前と数年前と、過去に2回急性膵炎をやって膵臓が壊れたのか?糖尿病と診断されて、投薬治療を受けていましたが、どうも思わしくないから、糖尿病外来専門医の診察を受けた方が良いと言われ、受診となりました。

前、そしてその前の主治医からはインシュリンを使いましょう!と言われ続けていましたが、頑なに拒否をしていました。
インシュリンは諸刃の剣。
副反応がたくさんあります。
インシュリン使うなら断糖します^ ^

で、結果はインシュリンの分泌はしっかり出ているから、インシュリン抵抗性の問題だから、今出てる薬を変えますと。
それで数値は下がりますよと。
また、来月予約をしました。
その時また、検査をして数値を比較します。

でも、今までの治療はなんだったんだろ?

2021年1月21日

今日、夕方予約の患者さんから電話があり、周りの人がPCR検査を受けて、まだ結果が出ないけど、予約はどうしたらいいか?との事です。

結果次第では、その方も検査対象になるし、濃厚接触者になる訳なので、とりあえず結果が分かるまでは予約は保留という事にしました。

最近、ここ、墨田区は感染者が増えています。
無症状の人とか、当たり前にたくさんいるのでしょうね。

昨日かな?
大阪府の吉村知事が会見で言っていた事です。
「大阪府には約5500件の歯科医院があるけれど、歯科医院でのクラスターは1件も起きていない。歯科医院には何かあるんだろう。感染防御に関して。」と言っていました。
東京でもそうですよね。
常日頃からの感染防御に対する意識が高いという事でしょうか?

このまま乗り切りたいです^ ^

Archives

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タロー歯科 院長 長澤太郎

タロー歯科 院長 長澤太郎
http://www.tarodent.jp/

【役職歴】
社団法人 向島歯科医師会 理事
墨田区介護認定審査会 委員
墨田区健康白書改訂委員会副委員長等を兼任
現在は 向島学校歯科医会 専務理事
墨田区立第三吾嬬小学校 歯科校医

【経歴】
1978年4月 岐阜歯科大学入学
1984年3月 岐阜歯科大学卒業
1984年5月 浜松市 大庭歯科クリニック勤務
1985年4月 銀座 大山歯科医院勤務
1986年1月 大越歯科クリニック柏分院で分院長として勤務
1987年10月 現在地にて、タロー歯科を開業 現在に至る

2000年2月~2002年6月まで、介護福祉専門誌「おたっしゃ倶楽部」に歯科関連のコラムを執筆・連載