«  2017年1月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年1月31日

昨晩、娘と「神韻」の日本公演を観に行ってきました。
この神韻芸術団とは、中国の古典舞踊や民族舞踊を披露する舞台芸術団体で、ニューヨークに拠点があり、演目は中国の伝統文化や歴史物語を演じ、専属のオーケストラを持つ、かなり大きな団体です。

ダンサーは中国人で構成され、ニューヨーク近郊の大学で中国古典舞踊を学んでいる人達が多いとの事です。

跳躍、回転、宙返り、などの豊富な技巧を多数のダンサーが一糸乱れず踊る舞踊と、中国の歴史や伝説上の物語を題材とした舞台劇、二胡や独唱などによって舞台は構成されます。

生のオーケストラの演奏はやはり素晴らしい音ですし、様々な民族衣装を纏って繰り広げられる完璧な踊りは一見の価値があります。

そんな彼らですが、中国共産党の統治下で破壊された中国五千年の伝統文化を復興、隠された事実を伝えようとしている為、未だに中国で公演されたことがないばかりか、政府から政治的圧力を受け、海外での公演を中止させられそうになったりしたそうです。

素晴らしい芸術団なので、これからも頑張り続けて欲しいですね^ ^

2017年1月27日

何度か糖質制限を取り上げていますが、足立区の友愛病院では、外来で蛋白脂質食(糖質制限食)の指導をしています。
また、入院中の患者さんにも希望により、蛋白脂質食を提供しています。
1食あたりの糖質量が20グラム以下で、主食(米、麺、パン)がないタイプと糖質量が40グラムで主食が少量あるタイプの2種から選べる都内初の病院との事です。
自分ではなかなか糖質制限をうまく出来ない人は入院も受け入れてるみたいです。

担当の副院長も糖質制限を実行しているそうです。

糖質の摂り過ぎの弊害がたくさん叫ばれていますね。
糖尿病だけでなく、アトピー性皮膚炎、イライラ、無力感、無関心、無感動、生理痛、不妊、記憶力低下、鬱など、様々な病気の温床となっています。
さらに、ガン細胞のエネルギーが糖質です。

自分の食生活を見直し、いったい1日にどれくらいの糖質を摂っているか調べるのも良いでしょうね。
野菜も根菜類は案外糖質が多いです。
マヨネーズは糖質は入っていないとか、調べると面白いです^ ^

2017年1月16日

先週末、土曜日に歯科医師会の新年会が向島の料亭、桜茶やで行なわれました。
向島でナンバーワンのこの料亭は、それこそバブル期は1人7~8万はらくに掛かったはずなんです。
ここ10年ほどは社用族や暴力団関係者がほとんど見られなくなり、廃業する料亭も増えています。

そんな中、この桜茶やでは、はとバスのツアーにお座敷をとても安価に組み込んだりして、苦境を乗り切ってきました。

今回の新年会は、個人の支払いは12000円のみです。
会から補助が出ますが、それでもトータル20000円程でしょうか?

総勢36名の宴席に芸者さんが3人、半玉さんが2名、中居さんが数名と、豪勢ではありませんが、充分雰囲気は楽しめました。
やはり向島の歯科医師会なんだから、2年に一度開催の新年会はこういう場所が良いですね。
料理は流石に値段に応じて美味!とはいきませんが、座敷といっても掘りごたつになっているので脚が楽です。
これは大きいアドバンテージです^ ^

2017年1月11日

あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

今年の元旦は暖かく穏やかな3が日でした。
我が家の毎年恒例の親、兄弟家族、親戚での新年の宴も無事終了しました。
だんだん歳とってきたのか、今年はワインもいつもの半分くらいしか空きませんでした。
いつもよりグレードの高いワインを、きちんと飲み順考えて開けていったので、味わいながら時間をかけて飲んだのが良かったんでしょうか?
親戚連中は日本酒が好きなので、それは別にカウントしてますが、、、

午後3時前に始まり、今年は午後10時過ぎには終わりつつだったので、ちょいと拍子抜けな感じがしました。
昨年はそこからカラオケに行きましたので^ ^

翌2日は夫婦してバテてます。
バカ飲みはしませんが、ピーク時は20人程集まったので、それなりに気を遣うのと、嫁さんは最初から最後まで皆の食事の準備でてんてこ舞いです。
2人とも全く外出せずに家でのんびりしてました。

3日は地元の氏神さまにお参りに行き、ついでに浅草寺にと思って向かったら、あちこちで交通規制してます。
パーキングはどこも満車でしかも正月料金てなってます。
足元見てボッタクリです。
外堀が、こんな状態なんで、境内はいかばかりかて思い、正月は浅草寺は行くの辞めようとなりました。
普段は空いてるし、すぐですから^ ^

« 2016年12月 | メイン | 2017年2月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タロー歯科 院長 長澤太郎

タロー歯科 院長 長澤太郎
http://www.tarodent.jp/

【役職歴】
社団法人 向島歯科医師会 理事
墨田区介護認定審査会 委員
墨田区健康白書改訂委員会副委員長等を兼任
現在は 向島学校歯科医会 専務理事
墨田区立第三吾嬬小学校 歯科校医

【経歴】
1978年4月 岐阜歯科大学入学
1984年3月 岐阜歯科大学卒業
1984年5月 浜松市 大庭歯科クリニック勤務
1985年4月 銀座 大山歯科医院勤務
1986年1月 大越歯科クリニック柏分院で分院長として勤務
1987年10月 現在地にて、タロー歯科を開業 現在に至る

2000年2月~2002年6月まで、介護福祉専門誌「おたっしゃ倶楽部」に歯科関連のコラムを執筆・連載