«  2022年4月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2022年4月28日

我が家のニャンコらの名付け方について。

まず、女子チーム。
最初に双子の女子。
薄めのキジトラにちょい白い混りとはちわれ黒白。
色柄から「あさり」と「しじみ」と名付けました。
これで女子チームは貝類シスターズにしようとなりました。

次に引き取ったのは「ホタテ」、まあこいつは男っぽいので通常は「ポッタ」と呼ばれていますが、、、

で2年前に保護したのは「ツブ」となりました。

男子チームは、、、、、

私は長男で太郎。
ところが、弟が五郎なんです。

で、親父が20年程前に猫を飼った時に付けた名前が二郎!

で、5年ほど前に保護したニャンコをどうしようか悩んでた時に嫁さんが三郎にしようとなり、まだ、乳飲み子だったので元気に育つ様にと「
胡三郎」と名付けました。

で、1年半前に引き取った男子3猫は、これも生後2ヶ月だったので、胡を付け、「胡四郎」で、五郎はいるので「胡六蔵」ころぞう、「胡七介」こなすけ、となりました。

さらに、先日引き取ったのは成猫だったので、胡は付けずに「八右衛門」となりました。

まだまだ名前に余裕はありますが、飼い主の年齢も考えないといけませんね^ ^

2022年4月19日

一昨日の日曜日、超久しぶりに大規模なパーティーがありました。
某先輩の叙勲お祝いです。
さるホテルで200人以上集まっての盛大な会になりました。

この時期、難しい判断ですが、参加者も各自気を引き締めて、飲食時以外の会話はしっかりとマスクをしていました。

久しぶりに会う友人、仲間たちとの飲み!
楽しかったです。

2次会も含め、かなり飲み過ぎて、久しぶりに2日酔い?
昨晩の稽古はお休みしてしまいました。

2022年4月 8日

我が家のニャンコが増えました。

川崎の人工島(扇島)で繁殖した1000匹近い猫達は悪い環境や食糧不足の中、死にゆく猫達も多いんです。
島の出入りは海底トンネルしかなくて、島にある工場関係者以外、入島できません。

1番大きなのはJFEスチール製鉄所になります。
この工場では従業員が猫に餌を与える事を禁止しています。
退職した従業員が猫の保護団体に助けを求めて、猫達の保護が始まりました。
企業にも協力を求め、餌場の設置も始まりましたが、十分な対策がなされているのか定かではありません。

避妊、去勢も済んでいないので、どんどん繁殖も進みます。

雑誌フライデーにこの事が掲載されて広く知られる様になりました。
(川崎 JFE 猫)で検索するとでてきます。

嫁さんもこの事を知り、保護団体から1匹引き取る事になりました。

この島のニャンコらは、黒白柄がとても多いんです。
我が家に来たのもそうです。

まだ、懐いてないので、ケージに入れてて、リビングに置いてあり、他のニャンコや人に慣らしている最中です。

とても味のある顔した可愛いニャンコです。

名前は八右衛門です!
名前の由来は長澤家方式で決めました。
それはまた、別項で^ ^

« 2022年3月 | メイン | 2022年5月 »

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タロー歯科 院長 長澤太郎

タロー歯科 院長 長澤太郎
http://www.tarodent.jp/

【役職歴】
社団法人 向島歯科医師会 理事
墨田区介護認定審査会 委員
墨田区健康白書改訂委員会副委員長等を兼任
現在は 向島学校歯科医会 専務理事
墨田区立第三吾嬬小学校 歯科校医

【経歴】
1978年4月 岐阜歯科大学入学
1984年3月 岐阜歯科大学卒業
1984年5月 浜松市 大庭歯科クリニック勤務
1985年4月 銀座 大山歯科医院勤務
1986年1月 大越歯科クリニック柏分院で分院長として勤務
1987年10月 現在地にて、タロー歯科を開業 現在に至る

2000年2月~2002年6月まで、介護福祉専門誌「おたっしゃ倶楽部」に歯科関連のコラムを執筆・連載