«  2020年10月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2020年10月27日

3匹の子猫、順調に育っています。
最初にお目にかかってから3週間。
我が家に来てからは2週間が経ちました。
どんどん大きくなっています。

リビングに、直径1.5メートル程の8角形のケージを置き、そこにクッション、爪研ぎ、ご飯、水、トイレを入れてあります。

最初は充分に広いと思っていましたが、流石にやんちゃな盛り、お水やご飯を度々ひっくり返すので、少し手狭なのでしょうか?

昼と夜はリビングに放ち、疲れ果てるまで遊ばせているんですが。

三者三様で、性格も大きさも違います。
ただ、キツイ性格のはいないので、その点は楽です。

今日の昼は、ケージのファスナーを開けて外に出ていたニャンコもいました。

楽しいですね^ ^

2020年10月16日

ヨーロッパで新型コロナの感染が再び爆発的に増えています。
特にフランスは。

久しぶりに来年のゴールデンウィークに行こうかな?と思ってはいるのですが、どうなるのやら。

そもそもフランス人は手洗いをあまりしないんです。
外から帰っても手洗い無し。
食事の前も。
食べていて口の周りに食べ物が付いても、手で拭ってテーブルで拭くかズボンで拭くか?
テーブルには紙のランチョンマットみたいのが一般的には敷かれているので、指は拭えるのですが、、、

私が常にウエットティシュを持ち歩いて、こまめに口や手を拭いているのを不思議な感じで見ています。

公衆トイレも然り。
手を洗っていません。

以前、娘と2人で公衆便所を利用して、手洗いがないからウエットティシュで手を拭いていたら、友人達が???な顔してみてました。

一事が万事こんな調子なんで、感染も広がるんでしょうね。
もちろん全てのフランス人がそうだとは言えませんが、、、

2020年10月13日

我が家に子猫が3匹増えました。
保護猫団体から里子に引き取ってきました。

東京は猫の殺処分がほぼゼロになりましたが、近県ではまだまだたくさんのニャンコらが殺処分されています。
特に乳飲み子は育てられないので、真っ先に殺処分の対象になるみたいです。

そういった乳飲み子を、施設から引き出して育て、里親を探すボランティア団体がたくさんあります。

今回は多摩の羽村市にある保護猫団体まで行きました。
ここでは、群馬県や山梨県など、近隣の県の施設から乳飲み子を救い出しているそうで、今年はもう111匹の子猫を救い出し、里親に引渡したそうです。

我々夫婦も子猫から育てるには年齢的にもこれが最後になるかな?と思い、2匹を引き取るつもりでしたが、そうすると兄弟が1匹残ってしまう事になるので、なら、この際だから皆面倒を見ようと3匹になりました。

生後2ヶ月ちょっと。
とても可愛いです。

リビングでじゃれ合っているのを見るのは最高です。
楽しみが一つ増えました^ ^

« 2020年9月 | メイン | 2020年11月 »

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タロー歯科 院長 長澤太郎

タロー歯科 院長 長澤太郎
http://www.tarodent.jp/

【役職歴】
社団法人 向島歯科医師会 理事
墨田区介護認定審査会 委員
墨田区健康白書改訂委員会副委員長等を兼任
現在は 向島学校歯科医会 専務理事
墨田区立第三吾嬬小学校 歯科校医

【経歴】
1978年4月 岐阜歯科大学入学
1984年3月 岐阜歯科大学卒業
1984年5月 浜松市 大庭歯科クリニック勤務
1985年4月 銀座 大山歯科医院勤務
1986年1月 大越歯科クリニック柏分院で分院長として勤務
1987年10月 現在地にて、タロー歯科を開業 現在に至る

2000年2月~2002年6月まで、介護福祉専門誌「おたっしゃ倶楽部」に歯科関連のコラムを執筆・連載