«  2014年5月16日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2014年5月16日


医者は口を診ない 歯医者は口しか診ない。
というタイトルの本があります。
医科歯科連携で医療は大きくかわるんだ、ということが書かれています。

IgA腎症を治る病気とした医師は、原因を扁桃に見つけ、さらに上咽頭、そして歯性病巣感染に行き着きました。
長い間リウマチで苦しんでいた若い女性が、1本の感染失活歯を正確に再治療するとリウマチが寛解したと。

身体のどこかに限局した慢性炎病があり、それ自体はさしたる異常を引き起こさないが、まったく関係のなさそうな臓器に反応性の器質的、機能的な二次感染を引き起こす病態、これを病巣感染といいます。

病巣感染の一次病巣は扁桃と口腔内でほとんどを占めています。

全身の健康の入り口はまず口から!

口腔衛生状態と全身の関係に気づき、医療連携の必要性を示唆し続けている医師がたくさんいます。

こういったことが、わかりやすく書かれています。
歯科医には一読の価値があると思います。
もちろんそれ以外の方々も^_^

« 2014年5月 8日 | メイン | 2014年5月19日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タロー歯科 院長 長澤太郎

タロー歯科 院長 長澤太郎
http://www.tarodent.jp/

【役職歴】
社団法人 向島歯科医師会 理事
墨田区介護認定審査会 委員
墨田区健康白書改訂委員会副委員長等を兼任
現在は 向島学校歯科医会 専務理事
墨田区立第三吾嬬小学校 歯科校医

【経歴】
1978年4月 岐阜歯科大学入学
1984年3月 岐阜歯科大学卒業
1984年5月 浜松市 大庭歯科クリニック勤務
1985年4月 銀座 大山歯科医院勤務
1986年1月 大越歯科クリニック柏分院で分院長として勤務
1987年10月 現在地にて、タロー歯科を開業 現在に至る

2000年2月~2002年6月まで、介護福祉専門誌「おたっしゃ倶楽部」に歯科関連のコラムを執筆・連載