«  2020年6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« お花見 | メイン | もうすぐゴールデンウィーク »

2017年4月20日

1歳の子ニャンコ胡三郎は、今週の月曜日で我が家に来てからちょうど1年になりました。
とても穏やかな性格で、少し鈍臭く、でも考える能力をしっかり持った可愛いニャンコです。
珍しいホワイトタイガー柄がとても印象的なんです。
手足が長く大きいので、とても大きくなるのでは? と思ってました。
ただ、猫白血病(Felv)が陽性だったので、長生きは無理だと言われていました。

先週あたりからやたら戻す事が多くなり、それでもある程度食べていたんですが、金曜日あたりから全く食べなくなり、活性が大きく落ちてしまいました。
Felvの発症みたいです。
悪性リンパ腫が消化管に出来たようで、吐瀉物には血液がたくさん含まれています。
特に今週の月曜日から酷くなり、火曜日に点滴とステロイド注射をしました。
ステロイドが効いたのが、昨日からは嘔吐がありません。一昨日、昨日と2日続けて点滴しました。
脱水も改善され、撫でるとゴロゴロ言うようにはなりましたが、活性は低いです。
リンパ腫には抗ガン剤が効果的と言われてますが、Felvの子は必ず再発し2~3ヶ月しか生存しないそうです。
生後1月以内に感染した場合は、致死率100パーセントとの事でした。
抗ガン剤を使用して、辛い思いをさせることが果たして胡三郎のためになるのでしょうか。

とりあえず、出血を止め、脱水の改善の点滴は行いますが、あとは胡三郎に残された時間を嫁さんと他のニャンコ達と一緒に出来るだけ多くの時間を共有して、記憶の中に胡三郎を残す様にします。

早すぎますよね、辛すぎます、、、、、

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.tarodent.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/632

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タロー歯科 院長 長澤太郎

タロー歯科 院長 長澤太郎
http://www.tarodent.jp/

【役職歴】
社団法人 向島歯科医師会 理事
墨田区介護認定審査会 委員
墨田区健康白書改訂委員会副委員長等を兼任
現在は 向島学校歯科医会 専務理事
墨田区立第三吾嬬小学校 歯科校医

【経歴】
1978年4月 岐阜歯科大学入学
1984年3月 岐阜歯科大学卒業
1984年5月 浜松市 大庭歯科クリニック勤務
1985年4月 銀座 大山歯科医院勤務
1986年1月 大越歯科クリニック柏分院で分院長として勤務
1987年10月 現在地にて、タロー歯科を開業 現在に至る

2000年2月~2002年6月まで、介護福祉専門誌「おたっしゃ倶楽部」に歯科関連のコラムを執筆・連載